本文へスキップ

宝塚市から全国へ発信★宝塚発達コミュニティ『花』|宝塚市、伊丹市、川西市、西宮市、三田市、尼崎市、大阪からもご参加いただいています。

info@hana-takarazuka.com

兵庫県宝塚市
主な活動場所:西公民館東公民館

会員募集member

会員登録

以下のことをご確認の上、会員申請ボタンをクリックしてください。

1. 下記の会則に同意の上、会員申請を行ってください。
2. 登録アドレスに【携帯メールアドレス】をご指定の場合、
 ドメイン指定受信などメール受信機能設定をされている方は、
 「info@hana-takarazuka.com」からのメールを受け取れるよう設定をご確認ください。

個人メンバー会員申請 法人サポーター会員申請

会則

1. 会の名称・代表者名
以下の通りとする。
名称:宝塚発達コミュニティ『花』
代表者名:小林 ひかり
設立年月日:2016年3月1日

2. 目的
この会は発達障がい及びその周辺の発達に凸凹があり、サポートを必要とする子どもを持つ保護者と支援者を対象に、より良い家庭療育のための勉強会や居場所作り、情報提供をし、子どもと親を取り巻く周辺の人達と関係諸機関に理解と協力を呼びかけ、親も子も主体的に充実した暮らしを送ることができる社会作りを目的とする。

3. 理念
・発達に特性のある本人を尊重し、本人と家族が地域の中で豊かに暮らせる共生社会の実現のために
 活動しよう。
・親も子も一人ひとりが主人公として自分の人生を生きよう。

4. 会員
@ 会員は「個人メンバー」と「法人サポーター」で構成される。
グレーゾーンや発達の遅れ、落ち着きがない、不登校など、発達に凸凹、発達障害などの子を持つ保護者をはじめ、 各分野の個人の支援者を「個人メンバー」、福祉事業所をはじめ、発達障がいを持つ子供たちや家族の理解や支援向上にむけて取り組んでくださる、または花を応援してくださる法人は「法人サポーター」とする。 すべての会員は子どもたちが社会の中でより良く生きていけるための啓発活動や情報提供を積極的に行う。

A. 個人メンバー
個人メンバーは、理念に賛同する発達に凸凹のある子を持つ保護者、及び個人の支援者とする。
会の主催する行事を主体的に運営し、活動し、会の発展においてその責任を負う。
会の活動に際しては全ての会員の自己責任とする。役員はその責任を負わない。
個人メンバー会員は、非公開を含む交流会・講習会・講演会に会員参加費にて、優先的に参加できる。
総会での議決権を有する。また、専門家も在籍する非公開のLINEグループに参加できる。

B. 法人サポーター
法人サポーターは、この会の主旨に賛同する団体・企業とする。
公開の交流会・講演会および総会に参加できる。総会での議決権は有さない。
常識的な範囲でLINEグループでの広報活動ができる。
事業所の訪問・見学の様子をブログ記事にする。事業所などは合同説明会などで案内ができる。
その他、市外、県外、法人の種別によって応相談。

C. 非会員
非会員でも公開の交流会・講習会・講演会等に参加できる。非会員設定の参加費となる。

A 年会費
・1〜12月を年度とする。
・年会費の支払いは前年の10〜12月を納入期とする。
・入会金不要。
・個人メンバー 会費(2,000円/1口より)とする。年度ごとに一括で納める。
・法人サポーター 会費(20,000円/1口より)とする。年度ごとに一括で納める。
・お一人様、一団体様、何口でもご支援のお気持ちとしてありがたく頂戴いたしますが、
 特典は変わりません、ご了承ください。
・退会時の年会費 中途退会の会費の返還は行わない。

B 会員は自身の無理のない範囲で役割を分担すること。

C 退会
・退会届を代表に提出し任意に退会することができる。
・3月31日までに会費の納入がない場合。
・本人が死亡した場合。
・迷惑行為、運営を著しく妨げるような行為、その他当会が不適当と判断した場合。

5. 活動
・総会は年1回開催し、活動計画、予算、役員の改選、会則の改定などを行う。
・交流会及び学習会などを月1〜2回開催する。
・会員相互の親陸をはかる。
・発達障がい児・者及びグレーゾーンの子供たちへの理解のための啓発活動を行う。
・随時関係諸機関への連携の働きかけを行う。
・Webでの情報発信を行う。
・会員向けのLineグループで会員の交流、情報発信を行う。
・その他目的を達成するための事業を行う。

6. 会計
この会の会計年度は1月1日より翌年の12月31日までとする。
この会は各行事の会費と交流会参加費その他寄付金、助成金などによって運営する。

7. 交流会などの参加費
会員の交流会参加費200円〜、非会員の交流会参加費500円〜とする。

8. 会則の変更
本会の会則は総会において改めることができる。

9. 記録
@ 会員、役員などの名簿。
A 年間プログラム、活動、行事、記録。
B 助成金、会計帳簿等。
C 会計帳簿は永久保存すること。

10. 個人情報の取り扱い
会員入会時に記入いただく個人情報については、郵便物の送付、交流会等の名簿作成、会費の管理など会に関わる事柄のみに使用し、個人情報に関する法令に則り適正に管理する。 個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩等について適切かつ合理的な安全対策を講じるとともに、万一の発生時には速やかな是正措置を実施する。退会時には速やかに削除・破棄する。

11. 相談・苦情
役員が相談(苦情)は、メール、文書などで受付ける。解決責任者が真摯に対応し、話し合い、解決に努める。解決が困難である場合は、第三者委員へ助言や立ち合いを求める事が出来る。

附則
本規約は、2017年1月1日より発効とする。

この規約の記載内容について事実と相違ないことを証明します。
代表 小林 ひかり